歯ブラシと歯磨き粉

通常20歳程度で生えてくるケースが多いのが親知らずです。親知らずは上顎、下顎共に一番奥に現れます。生えてくる際に痛みや腫れなどを起こすことが多く、親知らずに伴うトラブルは歯科医院でも多く扱う治療なのです。この親知らずの一般的な治療法としては、抜歯が挙げられます。状態によっては歯茎を切開し骨から削りとるという作業が必要になるため、抜歯は未だ組織の柔らかい若い世代で行うことが身体的な負担を軽くするためのコツとなるのです。加齢とともに骨と歯の密着度が高くなりますので、治療自体もより困難になります。切開や縫合の傷も年齢が若い方が一般的に回復が早くなるのです。こうしたことから、親知らずの抜歯は出来るだけ早く行う方がスムーズな治療が可能となります。

親知らずの抜歯の際にかかる費用は、治療の困難さによって変わってきます。然程難しくない抜歯の場合には、費用は平均1000円から1500円程度です。一方、骨の中に深く埋没しているなど治療が難しい親知らずの場合には、3000円程度の費用がかかることもあるのです。レントゲン検査の費用や診療費などは別途かかります。こうした親知らずの抜歯は、実の所治療を担当する歯科医師の技術によってもアプローチが異なることが多いのです。特に治療が難しいケースでは、歯科医師の技術が大きく物を言います。そのため、親知らずの治療では予め検査などを通じて状態を把握しておき、改めて治療法を考えてみるというステップが必要になるのです。